アウトドア・そしてキャンプの魅力を伝えるホームページ!さぁ、あなたもキャンプに行こう!

キャンプしようぜ!アウトドア!

HOME>アウトドアの服装について

アウトドアの服装について 

キャンプでの服装

キャンプでの服装は、普段着慣れているものが良いとされます。
・・とはいっても、オシャレ過ぎる格好で、動きにくい服というのはアウトとなります。

動きにくい服を着けても、足場が悪かったり、よく体を動かす局面で上手い具合に体が動かなかったり、またはせっかくのオシャレな格好を汚してしまったりしてしまうと、ハッキリいって気分が沈みますからね。キャンプどころでは無くなってしまいます。
しかも、場所は公共の場で、着替える所も混雑しているかも知れませんので車と日除けを持って個室を作る必要性もでてきます。

・・とは言ったが、じゃどういった服装が動きやすいのか。
この辺の事のついて、このページで考えて行きたいと思っています。

夏のキャンプ・アウトドアの場合・・。

夏のアウトドアの基本となるのは、半そでのTシャツ・・・ではなくて、薄めの生地を使ったTシャツの方が良いとされています。
暑いんだから、別に半そででも良くね?・・などと思いがちですが、
実は夏だからこそそうでもないという問題が存在します。

まず、半そでだと、例えば山を登る際に、腕をアチコチで傷付けてしまうかもしれません。
そのちょっとした傷から、様々なばい菌などが入り込んで、結局直りを遅くしてしまいます。

これが長袖だと、ある程度のこうした傷は防げますし、
また、虫刺されなどから体を守るということもできます。
そして何より、過度の日焼けを防ぐという役割もあるのです。

日焼けをしすぎると、腕がものすごく痛くなるし、場合によっては皮膚病の原因ともなってしまいまねません。

こうした虫刺されと過度の日焼けの問題・そして、腕を傷つけないための問題。
これらが上手く重なり合って、体を守りつつ、楽しくアウトドアを楽しむことが出来たのではないのででしょうか。

春、または秋のキャンプ・アウトドアの場合・・・。

基本的には、夏に持っていくキャンプ用品等で構わないと思います。
ただし、夏に比べると「春」「秋」では、気温が全く違いますよね。
その気温の差がある分、服装などについては気を使わなければなりません。

例えば、基本的な服装は厚手の長袖にする・長めのズボンにするなどにすることはもちろん、
防寒服として、ジャンパーなどの厚めの服などを持参していく方が望ましいと思います。
また服装とは別なのですが、ホッカイロのような使い捨てカイロやなどを持参するのも良いでしょう。

せっかくアウトドアを楽しんでいるそばから、風邪をひいた・具合を悪くしたなんて事になると、つまらなくなってしまいます。
ですので、こうした服装の面などについては、充分に気をつけましょう。

自然に囲まれた、水上高原リゾートで開催される野外フェス。自然の中でキャンプをしながら音楽を聞いたりといった、ゆったりとした時間を楽しめます。

check

2017/3/13 更新

アウトドアは楽しもう!

普段、街で生活していることが多い私たちは、山や川、海などの自然の中で、スポーツをしたり、キャンプを張ったり、そういったことをあまりしませんが、キャンプでも良いし、カヌーなどのアウトドアスポーツや、釣りを楽しむといったことも、立派なアウトドアです。また、アウトドアは、楽しいだけではなく、自然を通じて、私達にさまざまな事を教えてくれます。 あなたもアウトドアで自然と直に触れ合い、自然環境の雄大さ、そして自然を失ってはいけないんだということを感じ取ってみましょう。 アウトドアを通じて、あなたもきっと感じられるはずです。なにも難しく考えないで、まず手軽に出かけてみることから始めましょう!アウトドアは、何も難しいことはありません。 自然環境の中でアウトドアを通じて、現代の社会が忘れている”もの”を見つけることができるはずです。
また、 子供と一緒にアウトドアを楽しめるかな・・と思っているお父さんにもアウトドアはおすすめです。ひょっとすると、あなたにとっても、子供との新しい遊び方が見つかるかもしれません。

アウトドアの注意事項

アウトドアを行う場合、まず天候などには十分注意してください。自然災害などの事故は、毎年シーズンになると多発しています。また、キャンプ場など、管理者がいる施設などでは、施設の規則・または管理者の指示に従ってご利用ください。また、ケガや急病人が発生することを考えた準備も怠らないようにお気をつけてください。アウトドアでケガをしても始まりません。安全で、楽しいアウトドアライフを過ごせるようにしましょう!